So-net無料ブログ作成
検索選択

半沢直樹 原作 あらすじ モデル銀行 [半沢直樹 原作 あらすじ モデル銀行]

原作は池井戸潤 (オレたちバブル入行組)と(オレたち花のバブル組)



前編後編の二部構成での物語


原作者である池井戸潤氏は慶応大学卒業後に三菱銀行に勤務してたいたという


経歴があり半沢直樹は池井戸氏の三菱銀行時代の経験のどを生かして書かれている。

E7ACAC3E8A9B1-ac933.jpg



半沢直樹あらすじ・・・



バブル期に大手銀行東京中央銀行で銀行員として活躍していた


半沢直樹は(堺雅人)上司である支店長の浅野が(石丸幹二)西大阪スチ-ルへ融資に強引に持ち込んだ


為に五億円の不良債権


を抱える事になる。



所が支店長をはじめ銀行側からは融資課長である


半沢直樹に全責任を押し付けられてしまう。


この西大阪スチ-ルの倒産は計画倒産であった疑いが浮上した


半沢は自身の運命を賭けて五億円の回収に動き回る事になる。


スポサ-ドリンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。